dxlive

dxlive

有料アダルトサイトに勝手に登録されてしまったというような場合にまず行うことは、そのサイトにアクセスして解除手続をすることです。そのサイトから、何らかの連絡が入るはずですから、放置しないで解除の意思表示をすることがます必要になります。誰かに勝手に登録されたとしても、アドレスやパスワードなどが残っているはずですから、そのまま放置すると面倒なことに巻き込まれる危険性もあるからです。
実は最近多いケースですが、ネットサーフィンをしていた時にアダルト動画の有料ダウンサイトに繋がり、興味本位でタグをクリックしたら、何だか分からない内に登録になってしまったというようなことが増えています。また同じように珍しいサイトにワンクリックして引き込まれたということも多いのです。
通常はそういう場合でも、会員登録しますかとか、費用がいくらかかりますとか、加入者の意志を確認する場面があるので、よく読んで判断すれば不用意に巻き込まれることはないのですが、どういうわけが気が付かなかったということも結構多くなっています。お酒が入って頭がもうろうとしているようなときに、こうしたことが起こりがちなので、そのこと自体は気を付ける必要があります。
しかし、そういう不用意なケースとは別に、詐欺まがいの商法があることも確かですから、そういう場合は慎重に対処することをおすすめします。
まずは覚えのないケースで、業者などから請求書が届くようであれば、申し込んだ覚えがないことをきちんと伝えます。先方が申し込み証書などを示し、ある程度信憑性があれば、万が一のこともあるので、自分の行動をできるだけ思い出し、やむをえない場合はそこまでの費用は支払い、あとは一切やめるという意思表示をしたらいいのです。
信憑性がない場合は、一旦保留した上で警察と消費者センターに連絡し、相談に乗ってもらうことがおすすめになります。先方の主張の内容や証拠して示された書類なども持参してみてもらうことです。
いかがわしい業者については、警察も消費者センターも押さえているので、適切なアドバイスをしてくれます。特に警察の場合は、何をしておくか、何はしてはいけないかと教えてくれ、これ以上またしつこい連絡が来たら、110番してくれていいですよということまで対応してくるので、安心できます。
そこまで行けば、何があろうと後は無視ということで鎮静化していきます。
ただ、最近はこれに加えて、気を付けなければならないことも増えているので注意が必要です。一つは新種の詐欺行為と言えます。いかにも裁判所からの公式通知だということを装ったはがきや書状が到着することがあります。内容は0月0日までに00円を支払いなさいというようなものです。しかも、それを行わない場合は差し押さえをするとかという面倒なことに巻き込まれるようなメッセージとなっています。さらには、問い合わせ先として、裁判所名を書き込んだところが表示されており、電話番号やメールアドレスまでも印刷されているのです。そこへ連絡すると詐欺を働くグループに繋がり、巧妙な手口でお金を巻き上げようという蟻地獄にはまるということになります。勤め先の会社の名前を出したり、家族の名前を口にしたり、おまけに脅迫曲がりのことまでされるので、まんまとはまってしまうということ結果が待っています。
無視が一番ということになりますが、詐欺をする連中もいろいろ研究しているので、無視では解決にならないケースも増えているのです。
やはり裁判所からの通知ということですが、前述したケースは偽物の裁判所でしたが、本物の裁判所から通知が来ることも最近ではあります。
詐欺グループが狙いを定めた相手に対して、支払い命令を求める訴訟を実際に起こすことがあるのです。今は簡単の訴訟できるようになっているので、こうしたことが起こります。この場合は、たとえ詐欺グループらしきところの訴えだということがあったとしても、明確な犯罪行為ということが確証できなければ、裁判所としてもルールに基づいた処理をせざるを得ません。ルールに基づいた処理ということになれば、原告の主張に基づいて被告にその旨を連絡し、裁判所への出頭を命じるということになります。
その出頭命令を無視していると、裁判所はルール通りに扱い、被告が原告の訴えに対して何らの反論をしないということで処理しますので、裁判としては支払い命令を出すことになるわけです。
根拠のない、理不尽なことであると後から主張しても、一旦出された裁判所の命令を覆すのは難しいということになります。もちろん、今の裁判制度からすると救済の道はありますが、面倒で手間暇がかかるということは言うまでもありません。
というようなことがありますので、今の世の中にはこうした犯罪がうようよあるということを認識したうえで、酔いに任せてワンクリックしたりすることは避ける必要があるのです。
またよく言われることですが、アドレスはともかくとしてパスワードの管理などは、日ごろから気を付けておくことが大事になります。