ペニス増大サプリはどれも同じ?失敗しないサプリの選び方

 

チンコを大きくしたいけどどうすれば大きくなるのかわからない!
という人は多いのではないでしょうか。

 

 

確かに、ペニス増大方法はチントレや手術、増大サプリなど色々な方法があり良いとされているサプリだけでも国内外合わせてたくさんの種類があります。

 

 

しかし、サプリによって特徴も違い効果もまったく異なるのです。

 

 

 

今回は、そんなペニス増大サプリの失敗しない選び方を紹介していきます。
勃起力UPなどの精力剤についてはこちら

 

 

 

増大サプリとペニスを大きくさせる方法

ペニスを大きくさせる方法

 

ペニスを大きくさせる方法を3つ紹介します。

ちんこトレーニングで大きく
薬や手術で大きく
ペニス増強サプリで大きく

 

 

お金がかからないのはチントレ

チントレ

 

まず、最も安価にペニスを大きくする方法は自分でチンコトレーニングをすることです。

 

 

ペニスは、筋肉と細胞で作られているので鍛えられます。

 

簡単なのは、腹筋やスクワットで下腹部の筋肉を鍛えましょう。
次に、ペニスを上下左右に30回程度伸ばせば完了です。

 

この方法が最も安価でペニスを大きくすることが期待できます。また、増大サプリも併用すれば、さらに効果的です。しかし、トレーニングでは即効性はなくかなりの時間と労力がかかります

 

 

薬や手術で大きくする

ペニス手術

 

ペニスの効果に即効性を持たせるためには、薬や手術が必要です。

 

まず、バイアグラやシリアスなどの薬を使うと飲むだけで一定時間ペニスを大きくできます。

 

しかし、効果は数時間程度といわれているので、ペニスのサイズが上がるわけではありません。また、血管を無理やり拡張するため、「心臓に負担がかかる」「頭痛が起きる」などの副作用もあるのです。そのため、一時的にペニスを大きくしたいとき使いましょう。

 

 

次に、手術はペニスに直接ヒアルロン酸、コラーゲン、アクアミド、バイオアルカミドを注入する方法です。手術の中には、ペニスを長くすることや亀頭のみを大きくすることもできます。主に、ペニスがまったく立たない人などにおすすめですが、費用が数万~ウン10万円と高額です。

 

 

ただ、手術に成功すれば、長期的にペニスを大きくすることができるでしょう。

 

しかし、術後に痛みが出るなどの副作用もあります。また、必ず手術が成功するわけではないので、リスクは高いといえるでしょう。

 

ペニスを大きくさせる方法は増大サプリ、トレーニング、医療薬、手術とさまざまです。即効性と効果に特化するなら医療薬と手術が良いかもしれません。

 

 

しかし、増大サプリとトレーニングに比べてリスクや副作用、高額費用があるのでしっかり考えて行う必要があります。

 

 

ペニス増大サプリで大きくする

サプリで大きく

 

増大サプリは精力を向上させるために、体質を改善させる健康食品です。

 

 

そのため、薬や手術と比べると副作用やリスクが少ない特徴があります。増大サプリを使うことで、ペニスの大きくなりやすい体に変えるのが増大サプリの特徴です。

 

 

そもそも、ペニスが自然に成長する期間は決まっています。自然に成長する期間は思春期です。思春期に男性ホルモンが大量に分泌されることで、ペニスの成長につながっているわけですね。

 

 

しかし、思春期が終わると、成長ホルモンの分泌は弱まってしまいます。そのため、大人になるとペニスが自然に大きくなることは少ないのです。

 

しかし、男性ホルモンは思春期に比べて弱まりますが、止まるわけではありません。つまり、方法次第ではペニスを大きくできるといえます。ただ、ペニスを意識的に大きくさせる方法を活用しなければ、ペニスを大きくすることは難しいでしょう。

 

 

増大サプリやトレーニングに即効性は望めません。しかし、副作用がない点や健康的にペニスを大きくさせる方法としては最善だといえます。さらに、トレーニングは長期間継続させるのが大変ですよね。時間もなければ、続ける根気も必要になってきます。そのため、続けやすくリスクもない増大サプリがペニスを大きくするのに簡単で安全なのです。

 

 

面倒な性格の人や、時間がない人は増大サプリがおすすめといえるでしょう。

 

 

増大サプリの仕組みと選び方

仕組みと選び方

 

なぜ、増大サプリでペニスが大きくなるのでしょうか。

 

それを知るには、ペニスの仕組みを知ることが必要です。
人によって増大サプリの効果が出る期間や、効果の幅もまったく違うでしょう。しかし、その原因は増大サプリではない可能性もあります。その場合、増大サプリの種類を変えても意味がありません。

 

そのため、増大サプリとペニスの仕組みを理解しておきましょう。

 

 

 

まず、ペニスの構造は海綿体(かいめんたい)と呼ばれる血管の塊があります。

 

その海綿体の中に尿道と呼ばれる尿管が通っているのです。また、海綿体の周りには形を崩さないために筋膜や白膜があります。つまり、ペニスは複数の血管や筋肉が集まった集合体なのです。

 

このひとつひとつの筋肉・細胞・血管が正しく動けば、正常に勃起させることができます。また、ペニスを動かすためには栄養や酸素が必要で、関係ないと思われる生活習慣も大切となってくるのです。

 

 

 

次に、勃起の仕組みは血液が関係しています。

 

まず、性的な刺激を感じたときに脳がペニスを興奮させて勃起が起こるのです。
ペニスには平滑筋と呼ばれる筋肉があります。この平滑筋は普段大きくなっており、血液をせき止めることで勃起をしない状態を保っているのです。

 

 

しかし、性的刺激が脳に送られると、平滑筋が縮んで血液が流れる仕組みとなっています。血液がペニスにたくさん流れることで、ペニスが勃起するわけです。つまり、ペニスを大きくさせるためには、多くの血液をペニスに流す必要があります。

 

血液は生活習慣によってドロドロな人や、サラサラな人とさまざまです。

 

ペニスを大きくさせたい人は、血液をサラサラにして、たくさんペニスに血液を流せばだれでも可能といえます。
ペニス増大に必要なもの睡眠、筋肉、栄養です。主に血液をサラサラにする目的で、生活習慣を見直すことが大切となってきます。

 

 

まず、睡眠中は成長ホルモンやセロトニン・メラトニンと呼ばれるホルモンを分泌し、男性ホルモンの活性化に期待できるのです。

 

しかし、睡眠は時間帯も重要で、23時~2時までに大量に分泌される傾向があることがわかっています。つまり、男性ホルモンをたくさん分泌させる時間帯で睡眠をするとペニス増大につながる傾向です。

 

 

次に、体全体に筋肉を付けることで血液の流れを良くします。血液の流れが良くなれば、ペニスにも血液が流れやすくなる仕組みです。

 

 

特に、腹筋やスクワットなどの筋肉トレーニングはペニスに近いこともあり、ペニス増大を促進することが期待できます。ただし、腹筋とスクワットのみのトレーニングでは、筋肉バランスが崩れて腰痛の原因となるのでトレーニングは全身をしたほうが良いでしょう。

 

 

最後に栄養は、とても重要です。
栄養の質や量を間違えると肥満につながってしまいます。ペニスを大きくさせるためには、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維など多くの種類をまんべんなく摂取しなければなりません。バランスよく栄養を摂取することで、血液をサラサラにし、ペニスに効率よく栄養を送り届けることができます。

 

 

そのため、食べる種類にも気を付けましょう。血液をドロドロにする食べ物は、ジュースやジャンクフードなどの加工食品です。加工食品には、栄養以上にたくさんの添加物が含まれています。添加物を摂取しすぎると血液をドロドロにし、肥満の原因にもつながってしまうのです。

 

 

ペニス増大を考えるのであれば、生活習慣の見直しも考えましょう。ペニス増大をすることで生活習慣も同時に正すことができます。ペニスを増大させるだけでなく、生活習慣も良くなるであれば、一石二鳥ではないでしょうか。しかし、毎日ペニスに効果的な栄養素を摂取し続けるのは難しいでしょう。

 

その問題を克服するのが増大サプリです。増大サプリには、ペニスを大きくするための栄養素が詰まっています。そのため、料理が苦手な人や栄養が偏っている人でもペニスを大きくできるのです。

 

ただし、ペニス増大サプリに含まれる成分は商品によって違います。そのため、自分に合ったペニス増大サプリを選ぶことが大切です。

 

 

ペニス増大サプリの選び方1:成分

 

ペニス増大サプリの成分や量は、商品によってさまざまです。
そのため、ペニス増大サプリを選ぶ際は成分にも注目する必要があります。

 

ペニスに効果が期待できる成分は以下の通りです。

 

  • アルギニン
  • シトルリン
  • マカ・高麗人参・すっぽんなどの滋養強壮成分
  • 亜鉛

 

これらの成分は、どれもペニス増大に効果的だといわれています。しかし、体にもたらす影響はそれぞれに異なるので1つずつ成分の特性を理解する必要があるのです。

 

 

アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の1つで体の細胞を作る作用があります。
そのため、アスリートの人がよく飲むプロテインやスポーツドリンクにも含まれているのです。アルギニンを摂取すると、「筋肉の修復を早める」「男性ホルモンの分泌を促す」などに期待できます。ペニスも筋肉と血管で作られているのでペニスを大きくすることが可能です。

 

 

しかし、アルギニンは吸収率が低い特性を持っています。摂取量を増やしても体内に吸収できる量は少なくなってしまうのです。

 

そのため、アルギニンを取り入れる際はシトルリンを同時に摂取するのがおすすめといえます。なぜなら、同時に摂取することでアルギニンの成分をペニスに届けやすくしてくれるからです。つまり、アルギニンしか入っていないペニス増大サプリよりも、シトルリンも含まれているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

シトルリン

シトルリンは、血管や柔らかくする作用があります。

 

主に、キュウリなどの野菜に含まれている成分で、体内の一酸化窒素を作り出してくれるのです。一酸化窒素には、血管を広げて血液循環を促してくれます。ペニスの血管も柔らかくできるので、直接ペニスを大きくすることが可能です。さらに、ペニスだけでなく動脈硬化や心筋梗塞の予防にもなるので体に取り入れておきたい成分だといえます。

 

 

また、シトルリンを一度にたくさん摂取しても、ペニスに届くまでには時間が必要です。そのため、直接ペニスに作用しますが副作用やリスクを負う心配がないといえます。しかし、継続して初めて効き目が出るようなので、数カ月は摂取し続けましょう。

 

 

滋養強壮成分

マカやすっぽんなどに含まれる滋養強壮成分は、精力の向上に期待できます。

 

脳に通常以上の興奮作用が働くので、ペニスにたくさんの血液を送ることが可能です。つまり、硬く力強いペニスになりやすくなります。しかし、物理的にペニスを大きくするわけではありません。あくまでも、脳を必要以上に刺激して興奮させるだけなので、効果は一時的なものと理解しましょう。

 

 

また、飲みすぎにも注意が必要です。飲みすぎると、「ペニスに痛みを感じる」「以前飲んだときよりも効きにくくなった」などのデメリットがあります。そのため、飲む量は必ず守ることが必要です。ペニス増大サプリを使うときも飲む量に注意して活用すると良いでしょう。

 

 

亜鉛

亜鉛は、貧血や味覚、うつ病などさまざまな面で有効な成分です。

 

しかし、亜鉛は牡蠣(かき)など特定の食品にしか含まれていないので、不足している人が多い傾向があります。亜鉛が不足すると、貧血などの生活に支障が出るだけではありません。

 

精子を作る作用が減少することもあるのです。また、勃起と精神はとてもつながりがあります。勃起するためには、性的刺激を脳が受ける必要がありましたよね。しかし、気持ちが落ちていると性的刺激が下がり、うまく勃起しなくなってしまいます。つまり、いくらペニスを大きくしても、大きく堅いペニスにならないということです。

 

 

ただし、亜鉛の摂取しすぎも生活習慣に悪影響を及ぼす危険があります。そのため、亜鉛の摂取しすぎにも注意しましょう。亜鉛の1日の摂取目安は12mgが理想です。ペニス増大サプリを選ぶ際は、亜鉛の含有量を確認すると安心でしょう。

 

 

ペニス増大に期待できる成分は、どのペニス増大サプリにも含まれています。しかし、商品によって成分ごとの含有量が違うので、選ぶ際は注意が必要です。自分の生活習慣に足りていない成分を中心にペニス増大サプリを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

ペニス増大サプリの選び方2:目的

 

ペニスを大きくさせるサプリは、精力増大サプリとペニス増大サプリの2種類があります。

 

精力増大サプリとペニス増大サプリは、同じように見えますが内容が少し違うのです。そのため、自分の目的に合わせて使い分ける必要があります。

 

 

精力増大サプリ

精力増大サプリの目的は、性欲や精力を高めることです。

 

アルギニンやマカなど精力を高める成分が多く含まれている特徴があります。そのため、ペニスの大きさの悩みよりも、ペニスがうまく立たない人や性欲が湧かない人の悩みを解消することが目的です。性欲や精力を一時的に高めることに特化しているので、ペニス増大サプリよりも即効性は若干高い傾向にあります。しかし、ペニスが大きくなるわけではありません

 

 

精力増大サプリのメリットは、成分の種類が少ないこともあり、手軽に購入することができます。

 

また、セックスを必要とした場合には勃起力の向上や精力の強化にも期待できるでしょう。さらに、健康食品なので他の薬との併用も可能で、副作用もほとんどないメリットがあります。

 

一方、デメリットは効果には個人差があり、まったく効果が出なかったケースもあります。また、アミノ酸などのサプリメントよりも高額なので頻繁に購入するのが難しいのも事実です。さらに、精力剤の種類が多く価格だけで選ぶと効力のない商品を購入することも予想されるでしょう。そのため、精力剤を購入する前に商品の成分や購入した人の意見も参考にする必要があります。

 

 

 

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは、ペニスを日常的に大きくさせることが目的です。

 

長期的な服用は必要になってきますが、ペニス自体のサイズアップに期待できます。成分もアルギニンやマカなどの精力剤以外に100種類以上の栄養素が含まれていることが特徴です。

 

そのため、ペニスだけでなく、生活習慣をよくすることもできます。主に、アルギニンに加えてシトルリンや亜鉛などがまんべんなく含まれているサプリを選ぶと良いでしょう。

 

 

ペニス増大サプリのメリットは、ペニスのサイズアップを期待できることです。

 

もちろん、性欲も高まるため硬く力強い勃起も望めるでしょう。また、生活習慣も同時に見直せば、健康的で安全に悩みを解消することも可能となっています。

 

 

一方、デメリットは、精力増大サプリよりも価格が高いことです。有効成分が豊富に含まれているので、しかたがないでしょう。また、即効性がないため数カ月以上飲み続ける必要があります。価格も高いため、続けるのは少々金銭的に余裕が必要ですが、手術するよりは安価です。

 

長期的に見て、ペニスを大きくしたい人はペニス増大サプリを活用しましょう。

 

 

 

ペニス増大サプリの選び方3:種類

 

 

ペニスを大きくさせる精力剤には3種類があります。

 

主に、強壮剤、勃起薬、強精剤ですが成分や使い方がまったく違うのが特徴です。精力剤の種類を間違って使用すると、得たい効果を得ることができなくなる可能性もあります。

 

また、副作用のある精力剤もあるため、種類ごとの特徴や副作用をよく確認してから選ぶ必要があるでしょう。

 

 

強壮剤

強壮剤は、体の機能を高めてペニスを大きくするものです。

 

今回、紹介しているペニス増強サプリも強壮剤に入ります。主に、体の健康を維持しながらペニスの効果を得たい人におすすめです。

 

 

強壮剤には即効性はありません。しかし、副作用も少ないため年齢関係なくだれでも服用できるメリットがあります。そのため、年齢によって体力が落ちた人や勃起しなくなった人でも気軽に試すことが可能です。また、健康増進効果にも期待できるため、中高年層でもさまざまな目的で活用できる万能剤とも呼べるでしょう。

 

 

勃起薬

勃起薬は、一時的にペニスを勃起させる効果が期待できます。

 

通常、ペニスは性的刺激がなければ勃起することはありません。しかし、勃起薬は無理やりペニスを立たせることが可能なので精神面に関係なく効力を発揮することができます。

 

もちろん、性的刺激を強く受けていたほうが効力は高まるでしょう。主な成分は、バイアグラやシリアスなどの医薬品を使用します。短期的に勃起させたいときに有効の薬だといえるでしょう。

 

 

勃起薬のメリットは、効果の即効性にあります。持続時間は、バイアグラで5~6時間、シリアスで24時間~36時間のようです。効果や持続時間には、個人差はありますが強壮剤に比べて目に見えるスピートで効果に実感できるでしょう。

 

しかし、あくまでも効力は一時的なので、勃起を誘発する薬を位置付けておく必要があります。また、持続時間も使用を続けていくと短くなる人もいるようです。さらに、量を間違えると副作用の危険性もあるので使い方を間違えないようにしましょう。

 

 

強精剤

強精剤は、勃起不全や精力低下などに悩みを抱えている人におすすめです。

 

 

強精剤の成分は医療薬でしか含まれていないメチルテストステロンを使用しています。主に、男性ホルモンの分泌を高める作用があり、威力も市販の薬より強い傾向があることが特徴です。

 

 

一般的には、医師の診断が必要な薬で、ED改善などの治療目的で使えます。そのため、精力向上を目的とした人は、手に入れることができません。ケースによっては、医師が認めれば精力目的でも手に入りますが、副作用も強くなります。

 

強精剤のメリットは、勃起力の向上だけでなく精子の生成も可能です。また、男性ホルモンが高まるので筋肉が付きやすい体になります。そのため、トレーニングをしても効果が現れやすくなるでしょう。

 

 

さらに、勃起効果だけでなく、更年期障害の予防にも効果が期待できます。性的な問題を抱えている人には、特に有効だといえます。しかし、効力が強い反面、副作用も当然あります。人間は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れると体に異常が生じやすくなるのです。

 

 

強精剤は、強制的に男性ホルモンを高めるため、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛やかゆみなどの症状が出るケースがあります。また、医療機関に通院しなければならないので、他の精力剤に比べて費用が高いデメリットもあるのです。そのため、まずは手軽に購入できる強壮剤を試してみて、それでも効果が得られない場合に活用するのをおすすめします。

 

 

 

人気の増大サプリ!おすすめランキング

ここでは当サイトでの人気度やおすすめ度を考慮してランキングしてみました。選ぶ際の参考にしてください。

 

ブラビオンの特徴

全額返金保証付き!
最高ランクの安全性と高濃度成分配合

驚異的でスピード爆発的な増大威力を発揮できるサプリで、次のように男性から高い評判を獲得しています。
モニター満足度98%
リピート率90.7%
国内販売数も10万個を突破していますので、ブラビオンが期待できるペニス増大サプリなのは間違いありません。

価格 特別価格
評価 評価5
備考

アプソルシンの特徴

アプソルシン(Apsorusin)は、2018/4月に発売されたばかりの新商品です。

新聞に掲載されたりTVショッピングで放送されたりと、話題騒然のペニス増大サプリです。
特許成分の『バイオペリン』の効果が期待できます

価格 特別価格
評価 評価5
備考

 

 

ペニス増大サプリを選ぶ際の注意点

 

ペニス増大サプリには、選ぶ際の注意点と使用する際に注意点があります。どちらも、正しくないと期待できる効果が薄れてしまうのです。さらに、逆に健康状態に異常が出てしまうので、必ず確認してから、ペニス増大サプリを選択・服用するようにしましょう。

 

 

選ぶ際の注意点

 

まず、ペニス増大サプリを選ぶときに、成分の含有量を必ず確認しましょう。

 

成分の含有量で注意して欲しいのが記載方法です。記載方法には、配合量と原材料の量と2種類があります。同じようでまったく違う意味で、配合量はカプセルに入っている量を表すので問題ありません。

 

しかし、原材料の量は粉末にする前の量になります。原材料を加工する過程で、カプセルに入る量は減ってしまうのです。同じ1000mgでも、原材料の量と記載された方は配合量よりも少ないので注意をしましょう。主に、成分がたくさん入っているのに価格が明らかに安い商品には記載内容に確認することをおすすめします。

 

 

 

次に、サプリに記載されている「濃縮」には注意が必要です。

 

カプセルタイプでも粉末タイプでも国内の濃縮率は決まっています。つまり、海外の製品でない限り濃縮されることはないのです。そのため、ペニス増大サプリを選ぶ際に「濃縮」という言葉に惑わされないように注意しましょう。

 

 

また、海外の製品に〇倍濃縮と記載されていても、確認する場所は含有量です。そもそも、基準がないのに濃縮率を上げることはできません。自社の製品を購入してもらうための文言と捉えておくと、購入しやすくなります。

 

 

続いて、ペニス増大サプリのカプセルは、製品によってサイズが違うのを知っていますか。ただ、カプセルが大きいだけなら飲みやすさの問題なので、軽視しても良いでしょう。しかし、カプセルによって1粒に含まれている量も違います。当然、カプセルが大きければ1粒に含まれる量も増えるでしょう。そのため、1回に服用するカプセルの個数も製品によって変わってきます。多量の服用は危険なので、服用前に1回のカプセルの個数も確認しておきましょう。

 

 

使用する際の注意点

ペニス増大サプリを服用する際は、飲む量に注意が必要です。

 

まず、1日のアルギニンとシトルリンには摂取許容量が決まっています。アルギニンは300mg、シトルリンは800mgです。許容量を超えても、体が吸収しきれません。多く飲んでも効果がなく、もったいないので許容量は覚えてきましょう。

 

 

また、カプセルの含有量も製品によって違うので、許容量を超えないように注意が必要です。許容量を超えない範囲であれば、飲むほど効果が高まるので成果を高めたい人は多めに飲んでも問題ありません。カプセル1粒の量をよく確認して使用することをおすすめします。

 

 

 

日本製と海外製どっちがおすすめ?

 

安全性を重視するなら日本製がおすすめです。

 

しかし、サプリメントの浸透力は海外のほうが高いので、品質に関しては海外のほうが上の場合もあります。それぞれの国で特徴があるのでアメリカと日本に絞って紹介していきましょう。

 

 

まず、アメリカの場合はサプリメントの普及率も高いので、品質やコストが優遇されます。品質の確保にFDAと呼ばれる審査基準があるので、安心・安全は保証されるでしょう。このFDAの基準は厳しく、化粧品や食品にも適用しているため信頼度は極めて高いといえます。

 

 

問題は、アメリカ人が飲むために作られた製品だということです。つまり、日本人向けに作られていないので、含有量の規定も多い可能性があります。そのため、日本人が安易に服用すると、過剰摂取につながる場合もあるのです。基本的にサプリメントは自己責任なので、日本製に比べてリスクは高いでしょう。

 

 

 

一方、日本製は、日本人向けに作られているため含有量の信頼度は高い傾向にあります。海外に比べて少し高額になるケースもありますが安全性を重視するなら日本製のほうがおすすめです。しかし、日本製だからといって安心できるわけではありません。

 

 

その安全性を確かめる方法が、GMP・HACCP・有機JAS認証マークの有無です。GMPの基準をクリアしている製品は、高品質が保証されている証明となります。HACCPは、危害重要分析管理点と呼ばれるもので食品が安全かの製造過程を記録するシステムです。

 

 

 

日本で作られていても、原材料が海外だと安全とはいえません。しかし、HACCPを活用すれば加工する工程を管理できるので食中毒の事故を未然に防いでいます。つまり、「安全な食品ですよ」という証明になるわけです。有機JAS認証マークは、化学肥料や農薬を使っていないオーガニック食品にのみ付けられるマークになります。ペニス増大サプリでは、有機JAS認証マークが付いている製品は少ないですが安心・安全なので、ぜひ探してみると良いでしょう。

 

 

 

 

ペニス増大サプリは慎重に選ぼう

 

ペニス増大サプリの種類はたくさんあり、目的に合わせて種類や成分を変える必要があります。

 

安易に選ぶと効果がない場合や副作用が出るので注意しましょう。

 

 

しかし、しっかり内容を理解して選べば、ペニスの悩みを解消できる可能性は高まります。ペニスを大きくしたい人は、これを機にペニス増大サプリを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ペニス増大サプリは、勃起時のペニスのサイズを増大させることを主な目的としたサプリメントです。ただしこの目的以外にも精力の増強や勃起の持続などの目的を含んだサプリメントもあります。ペニスを増大させると聞くと、薬を思い浮かべる人も多いかもしれません。確かにそのような目的を持った薬もありますが、こちらはあくまでもサプリメントです。薬と言うのは成分が体の働きを一時的に変え、それによって目的の効果が得られると言うものです。そのため即効性は期待できますが効果があるのは薬の成分が効いている間だけで、加えて体の負担になりやすいと言う性質を持っています。これに対してサプリメントは分類上は食品に該当します。よって体に負担がかかりにくいのがメリットです。含まれている成分が少しずつ、体に作用をもたらしていき悩みの原因を解消していきます。よって薬に比べると即効性は期待しにくいですが飲み続けることで悩みの原因、その根本が解消されていくことが期待できます。勃起したペニスのサイズに満足がいかない、あるいは勃起そのものやその持続力に満足がいかないと言う場合、考えられる原因は様々あります。まずひとつは血流です。ペニスが勃起する際には陰茎海綿体に血液が勢いよく流れ込むことが必要です。ですが暴飲暴食、動脈硬化や高血圧などによって血液の質に問題があったり、血管の状態が思わしくないとこれがうまくいかず、サイズや勃起に影響が出てくる恐れもあります。こうした状態に対しては、ペニス増大サプリでは無理なく血管を拡張する作用がある成分や、血流を良くする作用がある成分などを配合することで働きかけることが多いです。たとえばLシトルリンと呼ばれるアミノ酸の一種は、血管を拡張して血流をスムーズにする作用が期待できることから、このようなサプリメントには多く含まれている成分です。更に全身の代謝を高める作用があるビタミンB群も含まれていることがあります。また勃起が十分に果たされるためには、心身の活力がみなぎっていることも必要不可欠です。特に体の活力が不足していると、性的刺激に対する感受性も鈍ってしまいますし、血流にも影響が出やすくなってしまいます。そこでペニス増大サプリでは、疲労回復に効果が期待できるオルニチンや活力増強に効果的だと言われているマカ、クラチャイダムなどの植物を配合していることも少なくありません。これ以外にも全身の代謝に働きかけ、男性ホルモンとの関係が深いと言われている亜鉛、精力と関係が深い食材として古くから知られているすっぽんやマムシ、代謝を高め体温を高めることで血流を促進させる作用が期待できる生姜やヒハツなども含まれていることもあります。では選び方にはどのような点を気を付ければいいのかと言うと、ひとつは成分です。成分と言っても数多くの成分が含まれていれば良いと言うわけではなく、注目したいのは成分の含有量です。いくら数多くの成分が配合されていたとしても、その配合量が僅かであれば体への働きかけを期待することはできません。それよりは、主成分がある程度、まとまった量、配合されているペニス増大サプリの方が飲み続けることでの効果は期待しやすいです。特にLシトルリンは含まれていることが多い、代表的な成分だと言えるからこそ、どれくらいの量を配合しているのか、その点に注目しておきたい成分だと言えます。成分に関しては、人によってはアレルギーがあると言うことも考えられるので、その辺りも要注意です。加えて配合されている成分にどのような作用が期待できるのか、それらがしっかりと説明されているかどうかと言う点も見ておきたいです。それから安全性も選ぶ上でのポイントです。サプリは体への負担にはなりにくいですが、それでも口に入れるものであることにかわりはありません。そのため安全性が高いに越したことはなく、その辺りへの配慮がきちんとされているかどうかと言うのは、購入前にしっかりと確認しておくことが求められます。具体的には日本製なのか、海外製なのか、工場の品質管理は徹底しているか、海外製であればその安全管理に販売元はどう関わっているのか、説明書などは日本語に訳されているのかと言った点です。なおペニス増大サプリはインターネットなどを利用した通販やドラッグストアなどで購入可能です。通販の場合、実店舗では販売されていないようなサプリメントも選択できると言うメリットがあります。配達に際してもプライバシーに配慮しているところが多いと言うのは嬉しい点です。一方のドラッグストアなどの場合は、薬剤師などに相談をしながら商品を選択できると言うメリットがあります。どちらで購入するにしても、ペニス増大サプリはある程度の期間、飲み続けることが必要です。よってできるだけ購入しやすいこと、そして購入しやすい価格であることも選び方のポイントのひとつだと考えられます。

 

 

ペニス増大サプリは、薬ではなく食品としてのカテゴリーになりますがペニスの悩みに合わせて様々な栄養成分が配合されていますので、夜の生活が楽しみになったという意見が続出している人気の商品です。各メーカーともに様々な有効成分を配合していますが、亜鉛やマカ、黒生姜などといった成分はその中でもペニス増大のために必要な主成分となっています。

 

ペニスに悩みを抱える人の多くは、若いころのような元気がなくなったり中折れをすることが気になるという意見を持つ人が多い傾向にありますが、増大サプリはそのような悩みを持つ人にこそ最適なサプリメントです。身体に元気がみなぎるような栄養素がバランスよく配合されていますので、ペニスのコンディションが良くなるだけでなく体も元気になったという意見が多く寄せられている特徴もあります。

 

ペニス増大サプリは、多くのメーカーから販売されていますが、有効成分が多く背後いうされていたり濃縮されているものが特におすすめです。有効成分は各メーカーによってばらつきがありますので、自分の症状に合わせたものを選ぶのが最適です。価格も異なりますし、内容の様々ですがビタミンやミネラルなども適度に配合されているものなら他のサプリメントを併用する必要もなくなりお得です。

 

更に、コストパフォーマンスも重要と考えられます。毎日服用するのがサプリメントの基本的な使い方ですので、そのためには一日当たりいくら位かかるのかについても比較検討する余地はあります。いくら良い成分が入っていても、高額すぎると続けることが困難になりますし、安すぎるものも品質が心配というケースもありますので、費用対効果が優れているものを比較して選ぶと良いでしょう。

 

増大サプリの選び方は、ランキングサイトや口コミサイトを参考にするのがおすすめです。ランキングサイトや口コミサイトでは、実際に商品を使ってみた感想などを知ることが出来ますので気になる商品のユーザーレビューなどを知りたい方に最適です。効果があるとうたわれていてもそうでもなかったり、逆に人によってはひじょうに大きな効果があったというケースもありますので、安心して購入したい方には最適と言えるでしょう。

 

ペニス増大サプリは多くの場合、たくさん購入したり定期購入者には割引が適用されるケースが多くなっています。たとえば初回限定で割引が有ったり、定期購入者に特別安く買うことができる制度になっているといったふうに何らかのメリットが享受できますので可能であればまとめ買いをすると、1回あたりにかかる費用が安くなります。

 

人気のペニス増大サプリは、まとめ買いで安く買うことが出来たり初回限定の特典が付いたものが多くなっていますが、意外と解約するのが面倒と言われている定期購入ではないため、合わなかったら注文するのをやめればよいだけですし気軽に始めることができるため人気の傾向です。

 

ペニス増大サプリのメリットは、薬ではないため副作用の心配はありませんし自信のなかった夜の生活に男らしさを取り戻すことができる利点があります。いったん自信を無くしてしまうと余計に気になってしまうのがペニスのかたさや大きさについての事ですし、他人に相談するのも恥ずかしいという意見も少なくありません。

 

病院に行くほどではないものの、もう少し硬さや大きさ、持続力が星という人にこそ最適なのがこうした類のサプリメントです。比較サイトでは色々試してみた結果、何がお勧めなのかがわかりやすく説明されていますので特典などについても考慮しながら気になる製品を購入してみてはいかがでしょうか。

 

実際、使ってみたところもっと早く購入すればよかったという意見があとを絶たないのがペニス増大サプリメントです。副作用の心配が殆どないのも、医薬品との大きな違いです。サプリメントですので量を体調によって増減することが出来ますし、お得な期間に購入することで更にコストパフォーマンスを上げることが出来ます。

 

プライバシーにも配慮されており、家族に増大サプリを購入したことがばれにくい仕組みになっている業者が殆どです。デリケートな問題ですので、こうしたサービスも高く支持されています。増大サプリを服用するようになって、失っていた自信を取り戻すことが出来たという声は、口コミサイトでもたくさん見られますので、まずはそうした意見を参考に選ぶのがおすすめです。

 

多くのメーカーからこの手の商品は販売されていますが、品質にばらつきがあるケースが見られますので、人気の商品を購入する場合には公式サイトを利用するのが最も安心して購入する方法ですし、意外と公式サイトのほうがお得に買うことが出来ます。公式サイトの割引率は、増大サプリの場合他の通販サイトよりも高いことが多いですし、返金に関するシステムもスムーズなのが一般的です。トータルで考えると公式サイトからの通販が最適と言えるでしょう。

 

 

 

ペニス増大サプリとはペニスを長く太くする身体の働きをサポートする健康補助食品のことです。ED治療薬と似たようなものと考えている人は少なくありませんが、実際にはペニス増大サプリの方は食材の中に含まれている成分が主要な有効成分となっている健康補助食品なのに対してED治療薬はペニスを一時的に勃起させる働きがある医学的に合成された成分が配合されている内服薬であるという異なるポイントがあります。

 

中にはペニスを増大させる効果について疑問視する男性は少なくありません。しかし基本的にはネット通販サイトやドラッグストア、薬局などで提供しているサプリメントと変わりはないため安全性に関して問題がある訳ではないです。小さな自分のペニスを何とか大きくしてパートナーを満足させたかったり、活力のある勃起力を手に入れたかったりする悩みがある男性に適しています。

 

ED治療薬のような即効性を期待することは出来ないものの、ペニス増大サプリの中には栄養バランスが整っている成分が含まれているため理想的なペニスに仕上げるサポートをしてくれるのです。

 

一口にペニス増大サプリと言っても、日本国内で生産された商品と外国で生産された商品を合わせると非常にたくさん種類が存在します。ネット通販サイトでは非常にたくさんある商品の中から自分に合っているものを選ぶことが可能なため、どのようなものを選べば良いのかについて迷っている人は多いです。選び方の目安や基準を理解していないと、期待していたような効果を得ることが出来なかったり、理想的なペニスに仕上げることが出来なかったり、払った代金が無駄になってしまったりするリスクがあるため注意をする必要があります。

 

自分に身体に適している商品を選べば、大人の身体に成長してからでも病院などの医療機関で手術を受けなくてもペニスを大きくすることが可能です。ほとんどの商品には、アルギニンとシトルリンというアミノ酸が配合されています。アルギニンとシトルリンはペニスが成長するのに必要不可欠な成分で、配合されている量が豊富なのかどうかは商品を選ぶのにおいて非常に重要なポイントです。

 

ちなみにアルギニンは成長ホルモンを分泌する量を多くして精力増強や勃起力を向上させる働きがあります。シトルリンは血液の中に含まれている一酸化窒素を増やして、血管を拡張させる作用によってペニスの海綿体と呼ばれる組織に流れ込む血液の量を増大させる働きがあるのです。2種類の成分が相乗的な効果を得ることによって身体全体の血液の流れが良くなると、普段や勃起したときのペニスが大きくなるというメカニズムになっています。

 

まずシトルリンの働きによりペニスの周りの血流が改善され、その上にアルギニンの働きによってペニスの細胞や筋肉が成長するのをサポートするという風に考えると、とても分かりやすいです。つまり、効果が高い商品を選びたいときには、アルギニンとシトルリンが豊富に配合されていることが重要ということになります。

 

大人に成長してしまってからでは、もうペニスは増大しないのではないかと不安な気持ちを抱えている人は少なくありません。成長期が過ぎて骨が成長するのが止まってしまうと身長は伸びませんが、ペニスは下腹部にある筋肉と海綿体と言う細胞で構成されていて、筋肉や細胞は骨とは異なり増大する可能性が充分にあるのです。ペニスが成長するのに必要となる成分が働きかければ海綿体の細胞は増大するという特徴があります。

 

またアルギニンやシトルリンだけではなく他の植物系や動物系の成分も配合されているかということは自分に合ったペニス増大サプリを選ぶために重要なポイントです。サプリメントの中には、100種類以上もの成分や原料を配合してて製造している商品も少なくありません。全ての成分はペニスが成長するのに関与している訳ではありませんが、男性ホルモンが分泌される量を増やしたり血流を改善したりと、男性としての機能を高めてくれる原料や成分はたくさんの種類が存在するのです。

 

例えばトンカットアリエキスは血液の流れを促進させる働きによって血行が良くない症状を和らげてくれる働きがあります。マカは栄養ドリンクなどに必要不可欠な原料で、身体の中から男性の機能の活力を高めてくれる作用があるのです。すっぽんはタンパク質がたくさん含まれていて精力増大の効果をサポートしてくれます。

 

このようにペニス増大サプリを選ぶときには、どんな原料が含まれているのかを確認することが重要です。植物系や動物系の成分は副作用の心配はほとんどなくてもアレルギーを引き起こす可能性があるため、アレルギー体質の方は注意する必要があります。

 

そして、口の中に直接入れて飲むことになるのでペニスを増大させる効果の他に安全性が高いことで選ぶ必要もあるのです。安全性は日本国内産と外国製で大幅に異なりますが、安全性を考慮するのであれば日本国内産をおすすめします。

 

 

ペニスを大きくするにはペニス増大サプリと呼ばれるサプリメントを摂取する方法があります。バイアグラのように飲んですぐ効果が出るものではなく毎日摂取することによって徐々に体質が改善され効果がでてくるものなのでペニスが大きくなったと実感できるまでに個人差はありますが約3か月から半年ほどの期間を要します。しかしバイアグラのように一時的なものではなくサプリメントを摂取している間その効果が持続し続けます。ペニス増大サプリメントに含まれているシトルリンやアルギニン、亜鉛などは普段の食生活ではあまり摂取することができないので普段の食事のみでペニスを大きくすることは難しいです。そのためサプリメントで必要な成分を効率的に摂取することで抜群の効果を発揮してくれます。さらに薬ではなくサプリメントなので用法容量をしっかり守れば副作用の心配がほとんどなくずっと飲み続けることができます。
しかしペニス増大サプリメントを使用しているのになかなか効果が実感できないといった声を耳にすることがあります。これはサプリメントの選び方が良くない場合がほとんどです。大きな広告やいかにも効きそうな名前のサプリメントを購入する際の決め手にする方が多いのですがそれはやめておいた方が良いでしょう。なぜかと言うとそれはメーカーあるいは業者が仕込んだ煽りや誇張であることが多いからです。ペニス増大サプリは普段馴染みが薄いので誇張された広告に惹かれて購入したものの大して効果が実感できなかったという方が多くおられます。またアメリカ直輸入や米国売上ナンバーワンなど海外直輸入という言葉を宣伝文句にしているサプリメントも多く販売されていますがあまりおすすめはできません。なぜなら海外の方と日本人では体質が大きく変わってくるので。日本人の体だと上手く効果を発揮してくれないことがあります。なのでもしも海外輸入のサプリメントを購入する場合には日本人向けに作り直されたものを購入した方が良いですが、何より国内で作られたサプリメントを使用する方が安心・安全に使用できるでしょう。
国内で作られたペニス増大サプリを選ぶ際まずは配合されている成分に注目しましょう。サプリメントには様々な種類のペニス増大成分や精力成分が配合されているのですが商品によって有効成分だけが含まれており天然成分を排除していたり、ほとんど天然成分で作られていたりと含まれている成分に差があります。おすすめなのはペニスが大きくなる仕組みが解明されているシトルリンなどのアミノ酸系の成分に天然成分もしっかりと含まれているサプリメントです。シトルリンは一酸化窒素を増やす働きがあり体内の一酸化窒素が増えると血管が拡張して血液の流れが良くなります。ペニスは血液が集まりやすい部位なので海綿体が充血しやすくなって増大しさらに成長ホルモンや男性ホルモンもたくさん届いて細胞分裂が活性化します。このようにペニスが大きくなるために必要な成分の配合量は値段に比例している部分もあるのですがアミノ酸系などの根拠のある成分を重視して商品を選ぶことが得策です。アミノ酸系以外の成分にもアルギニンはとても効果的だと言われています。アルギニンは非必須アミノ酸と言われていて体内で作り出すことができる成分なのですが体内で作ることができる量が極端に少ないためサプリメントで摂取するのが効果的な成分です。アルギニンには脳下垂体から分泌される成長ホルモンを増やす働きがあり、この成長ホルモンはペニスを大きく成長させるには必須の成分と言われています。成長ホルモンが増えることによって細胞の新陳代謝を促し細胞分裂することでペニスを増大させてくれます。
値段に比例していると前述で述べた通り安すぎる商品には気をつけた方が良いです。高い商品が必ずしも良い商品だとは限らないのですが成分や配合量、口コミなどを参考にして本当に良いサプリメントを使用しないとお金を無駄に使った挙句増大効果も得られなくなる可能性もあります。
増大効果を実感しやすいサプリメントは高額商品であることが多いので躊躇してしまう方も多いと思うのですが。できる限り返金保証がついている商品を選ぶと安心です。返金保証とはクーリングオフのような制度ではなく効果に満足いかなかったり体質に合わなかった等どのような理由であっても保証の期間内であれば全額返金してもらえるという保険のようなサービスのことを言います。返金保証を付けているサプリメントはメーカーの自信の表れともとれるのでサプリメント選びの参考のひとつにしましょう。
そして一番信用できるのはやはりレビューや口コミといった実際に使用した方の体験談を参考にすることです。口コミにはうその情報が紛れていることもありますので丸々信じ込むのではなくできるだけ多くの方の口コミを見て信用できる口コミを参考に自分に合ったペニス増大サプリを購入するようにしましょう。

 

 

ペニス増大サプリとは、その名の通り、ペニスを大きくするためのサプリメントです。サプリメントは、服用することで即効性の効果を期待できるような薬とは異なり、即効性、という面では効果がありません。しかし毎日、服用することで効果を実感出来るような仕組みになっています。
そもそもサプリメントとは治療薬ではなく、毎日の食生活では摂取することの出来ない栄養を補うために使用されます。ペニスを大きくするために栄養は必要ないのでは、と考えている人もいるかもしれませんが、私たちの身体は毎日の食事によって成り立っています。そのため食事を摂っていてもバランスが偏っていたり、食生活が乱れるような生活になると身体は変調をきたします。ではどのような栄養がペニスに対して影響を与えるのでしょうか。。
まず亜鉛です。亜鉛は別名セックスミネラルと呼ばれる栄養素で、亜鉛が不足することで精子の活動量が減り質の悪い精子になったり精子の生成量が減るなど、精子そのものに影響が出ます。亜鉛は米に含まれているため、毎食、米を食べていれば摂取できるような気になりますが、含有量は少ないので、牡蠣など亜鉛が多く含まれる食材を食生活に取り入れることは大切です
次にアリシンで、これは血液をサラサラにする成分です。サラサラ血はペニスに関係ないのでは、と思うかもしれませんが、ペニスへ一気に血が流れることで勃起するため、血流が悪い人はEDになる可能性があります。血流を良くする、ということはペニスに増大に大きく影響しているのです。アリシンは玉ねぎのようなネギ類に多く含まれていますが、血液をサラサラにする栄養素は他にもナットウキナーゼがあるので、納豆を食生活に取り入れることも良いかもしれません。
そしてビタミンEです。これは血行促進作用があり、アーモンドのようなナッツ類に多く含まれます。しかしビタミンEには男性ホルモンであるテストステロンの生成を助ける、という重要な働きがあり、男性機能を向上させるために大きな働きを見せます。
他にも性欲を高めるために必要なアミノ酸を摂取するには肉類や魚類のタンパク質が必要ですし、ストレスから身を守るために必要な抗酸化作用の強いビタミン類など、ペニスに影響を与える栄養素は多くあるのです。そしてこれらを毎日の食生活の中でしっかりと摂ることが出来るのか、というと現実として難しいかもしれません。そこでペニス増大サプリの登場です。
ペニス増大サプリには上記で述べたような栄養素がしっかりと配合されており、毎日の食生活にプラスすることで足りない栄養素を補い、最初に述べましたが、毎日使用することでペニス増大という目標を達成することが可能になるのです。ではどのような選び方をすれば良いのでしょうか。
まず最初に、他に人に合ったものが自分に必ずしも合うとは限らない、ということを知る必要がます。サプリメントには足りない栄養素を補うという働きがあるといっても、体質に合うかどうかは大きく影響します。効果があった、と多くの人が言っていても自分に思うような効果が出ない可能性もあります。そのため初めてペニス増大サプリを購入するのであれば、まずは1つの購入から始め、効果を実感できるかどうかを複数の種類で確かめてみることも必要です。
次に食生活の確認です。自身の食事の内容を確認してみて、どのような栄養素が足りないかを知る必要があります。米や肉類が中心の生活であれば、アリシンやビタミン類のサプリを選んだり、全体的に食生活が乱れていると感じるのであれば複数の栄養素が含まれるサプリを選ぶ必要があります。仮に食生活を見直すことが面倒だと感じる人は、売れ筋ランキングや口コミの良いサプリから選んでみることも1つの方法でしょう。自身の体質に合うかどうか合った1品を見つけることが出来たならば、毎日の使用を忘れずに、連続して使用することが最も大切になります。
ところでどのようなペニス増大サプリがあるのかを調べていると、ED治療薬を見つけることがあります。ではED治療薬と何が違うのか、と考えてしまう人もいるかもしれませんが、ED治療薬とは働きが根本的に異なります。
ED治療薬はいくつか種類がありますが基本的な働きは同じで、勃起の邪魔をする酵素の働きを阻害し、ペニスへの血流を改善することで、勃起しやすい状態を身体の中に作ることが出来る薬です。ペニスを大きくする、という目的ではなく、勃起しない、もしくは勃起しても途中で終わってしまうというEDを治療する、という目的のために使用される治療薬であり、サプリメントとは大きく異なるので、注意してください。
ペニス増大サプリには多くの種類があり、どれを選べば良いのか、と悩むかもしれません。しかしどのような物を選んでも共通して言えることは、毎日使用しなければ、効果を得ることは絶対に出来ません。寝る前や起きてすぐ、といった生活の中で使用を忘れないタイミングを自分の中で決めて、ペニス増大という目標が達成できるようにしましょう。